出会い系サイトを使った女性の体験談の数々をまとめています。

menu

出会いGirl | 女性向けの出会い系サイト体験談ブログ

「想像以上にブスで笑えたw」出会い系でイケメンから言われたショックな一言

出会い系ショック
5秒で分かるSTORY
30歳を目前に結婚に焦っていた私は出会い系に登録

田中圭似のイケメンな男性と仲良くなり、出会う前からすっかり片思いの状態に

「見た目に自信がない」と正直に伝えて出会うも、当日彼は気さくに対応してくれる

しかし、トイレに行った彼がそこで話していたショックな内容とは…

31歳・埼玉・営業

2年前、彼氏がいなかったときの話です。

周りの友人がどんどん結婚していき、正直とても焦っていました。

会社と自宅との往復だけでは到底、結婚に繋がるような出会いはありませんでした。

年齢的にも結婚した友人がほとんどだったので、コンパのお誘いも紹介もありませんでした。

「このまま何もしなかったら、きっと一生独身のままだ…」

そう危惧した私は、思い切って出会いサイトを利用することにしたのです。

今回は、30歳を前に出会い系を始めたところ、心ない男性との出会いで傷ついた体験談をご紹介します。

 

プロフィールは正直に「29歳」「美人ではないこと」を記入

今まで出会いサイトを利用したことがなかったので、もちろん不安はありました。

まともな男性と出会えるとも期待していませんでした。

しかし、登録が完了して、何人かの男性とメールで連絡を取り始めると、こんなにも異性と連絡を取ることが楽しいものかと、久しぶりの男性との会話に浮かれている自分がいました。

すぐに、毎日男性からのメールをチェックすることが日課になっていきました。

登録後のプロフィール欄は、正直に記入しました。

年齢もサバを読まずに正直に29歳と記しましたし、美人ではないこともはじめに書いておきました。

結婚も意識をしており、真剣なお付き合いが出来る方を希望していたので、後で自分に幻滅されたくなかったのです。

そのため、「こんな私で良ければ…」という姿勢でいきました。

 

一個年下の田中圭似のイケメン男性と仲良くなる

そして、何人か連絡を取る中で、私は一人の男性が気になり始めたのです。

その男性は、私の一つ年下の28歳で、同じ県に住む会社員の男性でした。

しかも、芸能人では私の大好きな田中圭さんによく似ていると書いてあったのです。

正直に言うと、この芸能人が自分のタイプだったことが、興味が沸いた一番の理由かもしれません。

そして、その彼と何度かメールをしてみて、とても気さくで感じが良かったことが私の気持ちをより大きくさせたのです。

まだ一度も会ったことがない上に、連絡は数回のメールのみ…。

それでも、一切出会いのない生活を送っていた私にとっては、まるで実際に会って片思いをしているかのような気分になってしまっていました。

メールの文字だけというのは、相手の人格まで勝手に自分の都合の良いように捉えさせてしまうものなのかもしれません。

最初に抱いていた出会いサイトへの不安はすっかり消え、とにかくその彼にどっぷりハマっていました。

 

可愛くないことを伝えると「心配しないで」と優しい言葉

そして、メールだけで連絡を取り続けて1ヶ月、やっと会う話になりました。

それまで片思い状態で彼との連絡を楽しんでいた私ですが、実際に会うとなったときに、嬉しさよりもまず心配になってしまいました。

それは「自分の見た目に彼が引いてしまったらどうしよう」というものでした。

その心配を抱えたまま、彼の家の最寄り駅で待ち合わせることになりました。

朝からご飯も食べられないくらい緊張をして、一番可愛いと思っていた洋服に着替えて駅へと向かいました。

見た目は期待しないで欲しいと事前に伝えてありましたが、彼は「大丈夫だよ」「心配しないで」と言ってくれていたので、とにかく落ち着いて会おうとそればかり考えていました。

土曜日のお昼頃に待ち合わせをしていたので、駅前はとても人が多くいて、どれが彼か全然わかりませんでした。

早めに着いてしまったので、彼に連絡をして、彼が着いたら電話をしてもらうことにしました。

彼を待っていた時の記憶は、ほとんどないくらい緊張していました。

そして、電話が鳴ったときはもう本当に心臓が止まるかと思ったほどです。

「今から待ち合わせ場所へ向かう」と言われ、彼と初対面。

正直、彼を見たときの気持ちは、思っていたような田中圭さん似ではないものの、イケメンだなというのが第一印象でした。

「もしかしたら年齢も全然違うようなおじさんが来るかもしれない」「来てくれないかもしれない」という不安もありましたが、彼の顔を見てホッとしました。

そして、予想以上のイケメンに気持ちが高ぶったのを覚えています。

 

トイレのドア越しに聞こえてきた彼の本音

待ち合わせがお昼だったので、彼の案内してくれたお店でランチをすることになりました。

思い描いていた通り、彼はとても気さくで話しやすく、一気に緊張がほぐれました。

彼は私に「幻滅もしなかったし、会えて嬉しい」とまで言ってくれたのです。

もう完全に彼のことが好きになっていました。

出会いサイトで知り合って、初めて会ったばかりなのに好きにまでなってしまう自分がちょっと怖かったです。

そして、ランチも済んで彼がお手洗いに席を立ったのですが、なかなか戻って来なかったので、私もお手洗いに行きたくなり扉の外で待つことにしたのです。

しかし、そこで彼の本音が聞こえてしまったのです…。

彼は誰かと電話をしていました。

どうやら私のことを話している様子でした。

聞き耳を立てるつもりはありませんでしたが、結構な声で話していたので、扉の外にいても聞こえてきたのです。

「本当は彼女もいること」「暇つぶしに出会いサイトをやっていて、たまたま近場だったから面白半分で会ってみたこと」「会ってみたら想像以上にブスで笑えたこと」

そんな内容だったと思います。

途中から聞いているのが辛すぎて、その場を離れてしまいました。

先に自分の分の会計だけ済ませて、急いでお店を後にしました。

もちろん彼からはその後一切連絡はありません。

 

最後に

彼は暇つぶしでやっていただけですし、私がその場から消えようが全然気にしていないはずです。

今思えば、顔の見えない出会いサイトを通じて知り合っただけですし、メールで連絡をしていただけなのに、私が勝手に浮かれて舞い上がっていたのがいけないと反省しています。

29歳にもなってイケメンに浮かれ、簡単に好きになり、裏切られて泣くなんて、何とも恥ずかしくて悲しい経験となりました。

私はもう出会い系を利用しないと思いますが、久しぶりのトキメキを味あわせてもらえたことだけは、唯一のプラスの経験でした。

この経験を活かして、次は本当に真剣なお付き合いが出来るような男性と出会い、トキメキをまた味わいたいと思います。

そして、いつか必ず幸せと思えるような恋愛・結婚をしたいです。

 

関連記事

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

管理人プロフィール

出会いプロフ1 医療事務の25歳。出会い系で見つけた彼氏と付き合って3年目。出会い系サイトの体験談を中心に紹介しています。

管理人おすすめサイト

Top