出会い系サイトを使った女性の体験談の数々をまとめています。

menu

出会いGirl | 女性向けの出会い系サイト体験談ブログ

「出会い系サイト」でパパを募集し200万円手にした私の「パパ活」体験記

201505012
5秒で分かるSTORY
「パパ活」は必ずしもエッチする必要はない!?

パパはある程度の年齢いったおじさんやブサイクを狙え!

パパたちから総額200万円貢いでもらった

パパ活中に見つけたイケメン男性と今は付き合っています

21歳・フリーター・岩手

パパ活してますか?

パパ活とは、お小遣いをくれる「パパ」を探す活動を指します。

最近では、リアルでパパを探す子よりも、私のようにネットで探す子の方が多いみたいですね。

現在、パパ活中に見つけた同年代の彼氏とお付き合いを始めたので、パパ活は卒業しちゃいましたが、パパ活で総額「200万円」手に入れた経験のある私が、「パパ活の体験談とその方法」についてご紹介したいと思います。

今月の家賃が厳しい!という貧困女子の少しでも参考になれば幸いです。

セックスなしでもパパは作れる!?

改めまして、こんにちは。

岩手県内に住んでる21歳のフリーターです。

面倒臭がりな性格上、アルバイトが長続きせず、バイト先を転々としてます。

実家暮らしなので、アルバイトでも生活には困りませんが、「遊ぶお金やお洒落代がタダで手に入ったらいいのにな~」といつも思っていました。

バイト仲間のギャル友達と遊んでいるときにお金の話になり、その子が「出会い系サイトで知り合った男性(パパ)からお金をもらってる」と聞いたとき、羨ましくなって詳しく話を聞きこんでしまいました。

「お金の代わりにセックスをするの?」

と聞いてみると、

「別に会わなくても、可愛く撮れた写真を載せて、電話で会話してるときに『お小遣い頂戴♪』と可愛くお願いすれば、高確率でお金やプレゼントをもらえるよ」

と教えてもらえました。

「私もやってみたい!」言ったところ、パパやパトロンになることを目的として中年男性が多く登録しているというサイトの「PCMAX」を紹介されました。

パパを見つけるための効果的な方法は?

彼女から、パパを見つけるときのアドバイスは、「可愛くてわがままな女の子を演出して、男性に好意を示しながらお金を希望すること」と教えてもらい、さっそく登録して実行してみました。

イケメンや若い男性は無料で女性と接するのが「当然」と思っているので、「自分の価値が低いと自覚している」おじさんや、外見がいまいちな男が狙い目と教えてもらい、登録直後の私にメールを送ってきた50代のおじさんに狙いを定めました。

「初めまして、良かったら仲良くしてください♪」

と、ぎこちないメールを3往復し、「最近お金に困っているんだぁ~」とお金を臭わせたところ、すぐに返信が途絶えてしまいました。

どうやら失敗してしまったようです・・・。

その後、3人ほど失敗しつつも、挫けずにメール交換をしているとついに、パパ候補を発見しました。

初パパからウェブマネーとamazonギフト券7万円分ゲット

掴まえたパパは48歳。

(自称)年収1千万円以上の既婚経営者。

白髪まじりの太ったおじさんでした。

当時、アメーバピグの模様替えや着せ替えにはまっていた私は、アイテムに課金のため、お金の前に手頃なウェブマネーを要求してみようと考えました。

半日弱メールしておじさんと仲良くなった頃に、「ほしいものがあって・・・」とウェブマネーを要求してみました。

すると、「若い女の子とメールできるサービス料だと思えば安いよ」と、3万円分のウェブマネーをポンと譲ってくれました。

おじさんの気が変わらないうちにと、すぐにウェブマネーを利用し、オンラインゲーム上のコインに替えて、ゲーム内でお買い物を楽しみました。

ただで3万円が手に入り、惜しみなく使えたという快感は今でも忘れられません。

もっと貰えないだろうかと、そのおじさんと仲良くメールを続け、1週間後、今度は5万円分のamazon券をお願いしました。

一度は断られましたが、「アルバイト生活だからお洒落ができないくらいお金に困っている」と伝えるとようやく折れてくれ、4万円のamazon券を送ってくれました。

貰ったamazon券はストックしておき、その後化粧品とスタンドマイクを買うときに消費しました。

おじさんからすると、無料で素人の若い女子が相手をしてくれるなど夢のまた夢で、キャバクラに通って大金を支払うよりも安く楽しめるため、多少の援助であれば抵抗が少ないようでした。

こうして、「簡単にお金が貰えるじゃん♪」と私は調子に乗り始めたのでした(笑)。

2人目のパパにamazon欲しい物リストから貢いでもらう

次に見つかったパパは、39歳の医療従事者の独身男性でした。

彼は、中年で顔写真も女性受けしなそうな、典型的な非モテタイプ。

それでも、医療従業者という職業柄、お金には困っていることはなく、独身だからお金も余っているだろうと察しました。

10往復ほど普通のメールを交わしたところで「欲しい物があるんだ」と切り出しました。

「ギフト券やウェブマネーは、利用用途が分からないからダメ」と言われたので、じゃあ「“amazon欲しい物リスト”から送ってよ」と提案しました。

「買ってくれたら着て写真に撮って見せてあげる」と、amazon欲しい物リストからノーブランドの5000円のエレガントワンピースを指定すると、すんなりとプレゼントしてくれました。

欲しい物リストに載せていた、他の炭酸飲料やお菓子の詰め合わせも一緒に送ってくれ、合計で1万円分になりました。

約束通りワンピースを着た顔から下の写真を送ると、くせになったのか、その後もamazon欲しい物リストから靴、サンダル、ネックレス、シャツとプレゼントしてくれました。

こちらが希望もしていないのにセクシーな下着を突然送られたときは、これを着て写真を送れということかなと、ゾッとして彼とはメール交換をやめました。

3人目のパパ(おじいちゃん)から5万円

3人目のパパは、沖縄在住の67歳無職のおじいちゃんでした。

知り合ったときに、やたらお金持ち自慢をされたので、「女友達と遊びに行くんだけど、お金が無いからお金を貸して!」と頼むと、銀行口座経由で5万円が振り込まれました。

その後、「お金の返済が遅れてしまいそう」と謝ると、「返さなくていいよ」と言われて、結局返すことはありませんでした。

このおじいちゃんは本当にお金持ちだったのか、お小遣いをおねだりするたびに2~5万円振り込んでもらえ、誕生日には奮発してシャネルの腕時計(38万円)をプレゼントしてもらえました。

途中からは、本当の孫とおじいちゃんの関係のようになって、「暑いから体調気を付けてね」「オレオレ詐欺に騙されちゃダメだよ」と電話して話すまでになりました。

出会ったパパの中で一番お小遣いをくれたパパでもあります。

パパとは実際に出会った方がお金をもらえる?

上記で紹介したパパを含めた数十人の男性とやり取りをして感じたことは、「モテない男性はネットでもモテないんだなぁ」ということです。

私はサイトに掲載した写真は可愛く見えるよう工夫をしましたが、現実はちっとも可愛くありませんし体型も悪いです。

しかし、それでも出会い系サイトでは、メールがひっきりなしに届き、男性から沢山の恩恵を受けることができました。

一方、現実でもモテない男性は、ネットでも女性に相手をしてもらうのは困難な様子で、プレゼントやお金を贈ってでも気を引きたいという感情があるようです。

そこで、徐々に「実際に出会ったらもっと簡単にお金をもらえるかも」と思うようになって、20歳になった頃から、メール交換だけでなく実際に出会うようになっていきました。

男性と出会うようになってからは、男性から多めの交通費を貰ったり、ショッピングデートがてらに化粧品や雑貨をプレゼントしてもらったり、モスバーガーやイタリアンでご飯をおごってもらったりしました。

少額プレゼント、リーズナブルな食事の希望は、男性の支払いに対する抵抗を減らすためです。

最初は低額から希望しておごることに慣れてもらって、段々と金額を高くして行くのがテクニックです。

しかし、1度、ローソンの駐車場を待ち合わせ場所に指定され、どこのお店にも連れて行ってもらえず、ずっと駐車場で立ち話をされ、おごってもらったのもローソンのホットレモネードジュース一本だった、なんて失敗例もあります(笑)。

また、大阪から岩手県まで新幹線や電車に乗って会いに来た37歳無職の男性には驚かされました。

「そこまでして女性に会いたいんだ・・・」と、ちょっとだけ引きました(笑)。

たっぷり蓄えた貯金で生活をしているという彼からは、デート代金として6万円を頂き、おごりで焼肉バイキングを食べて、カラオケをしました。

最後にホテルに誘われましたが、ささっと帰宅し難を逃れました。

最後に

散々お金目当てでサイトを利用していた私ですが、今は岩手県内のイケメンな営業マン(24歳)と純粋なお付き合いをしています。

出会いは勿論出会い系サイトです。

当初はお酒をおごってもらおうと出会った彼ですが、出会ってみると超イケメンで、居酒屋で飲んでいる内に意気投合し、出会ったその日に恋人同士になりました。

彼に「これまでサイトを通じて沢山おごってもらったんだ」と打ち明けると、彼は「そんなおっさんに頼らなくてもご飯やプレゼントなら俺があげるからもうやめて」と、お願いされました。

それからパパ活は卒業し、今は彼と「もう少ししたら結婚しようか」と話し合っています。

18歳から21歳までの約3年間。

サイトを利用して、食事代なども含めると総額200万円分くらいになるんじゃないかと思います。

お金に困っている人、パパ活に興味のある人は、一度「PCMAX」で試してみるのもありだと思います。

 

関連記事

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

管理人プロフィール

出会いプロフ1 医療事務の25歳。出会い系で見つけた彼氏と付き合って3年目。出会い系サイトの体験談を中心に紹介しています。

管理人おすすめサイト

Top