出会い系サイトを使った女性の体験談の数々をまとめています。

menu

出会いGirl | 女性向けの出会い系サイト体験談ブログ

秘密で会いたい彼がいる!「ダブル不倫」中の彼とホテルで密会してます

201505311
5秒で分かるSTORY
亭主関白な旦那によって息苦しい毎日を送っていた

同じ境遇の共感し合える男性と出会い系で知り合う

彼は非常に優しく、体(エッチ)の相性がバツグンに良い

ダブル不倫をし始めてから、旦那が優しくなってきた

42歳・専業主婦・東京

こんにちは。

40代前半の夫婦です。

2人の子供にも恵まれて“傍目には”幸せに暮らしています。

夫は大手企業で順調に昇進中、子供2人も小学生になってから手がかからなくなり自由な時間が増えてきました。

他人から見ると、順風満帆な人生だと思います。

しかし私は、いつもどこか「物足りなさ」や「満たされなさ」を感じていました。

エリートである旦那は、家庭ではかなりの亭主関白で、モラハラ気質な部分があります。

自分が仕事を頑張っていることを理由に、私にも常に完璧を求めます。

料理の味付けがちょっと薄かったり、ホコリがたまっている程度のことですぐに嫌味を連発・・・。

子供の教育も私にまかせっきりでイクメンとは程遠い父親です。

そのくせ少しでも子供に問題があると「お前の教育方法はどうこう・・・」とお説教です。

私の意見は何も通らず、本当に息苦しい毎日を過ごしていました。

 

サイトの男性から褒められることで生活に張り

そんなとき、何気なく眺めていたニュースアプリのバナー広告に、「出会い系サイト」が出ているのが目にとまりました。

それはmixiが親会社を務めるYYCという出会い系サイトでした。

ちょうど旦那と喧嘩中で、丸2日会話をしていなかった私は、寂しさから誰かに話を聞いてほしくなり、軽い気持ちで登録してみることにしました。

しかし、そこから私はサイトに“ド”ハマりすることになります(笑)。

私が何気なくつぶやいた一言にも、すぐに男性から反応があり、それも好意的なものばかり!

夫からは絶対に言われない褒め言葉を他の男性が言ってくれるので、ついつい日常のいろんなことをサイト内の日記に書くようになりました。

例えば「お弁当作りを頑張った」とか「今日の夕食はこれを作りました♪」なんて書くと「美味しそう!」「料理上手だね」「旦那さんがうらやましい」といった褒め言葉が並びます。

サイトを始めて以来、私の生活にはどんどん張り合いが出てくるようになりました。

 

奥さんの尻に敷かれる37歳男性と意気投合

そんなサイトでのコミュニケーションの中で、気になる男性が1人出てきました。

家電量販店勤務の42歳の男性です。

彼は私とは立場が真逆で、証券会社でバリバリ稼ぐ奥さんの尻に敷かれているという男性でした。

彼と奥さんの年収格差は2倍以上。

そのため、奥さんは家では大イバリで、家事も育児もほとんど旦那に押し付けて、毎日息がつまる思いをしているのだそうです。

「そんな男性も世の中にはいるんだな~」と思った私は自分から積極的に彼にアプローチしていました。

私達は何から何までとても意見が合いました。

お互いの配偶者の愚痴や、育児が上手くいかないこと・・・話題はつきません。

彼と会話しているとなんだか気の合う学生時代の親友と話をしているような、そんなウキウキとした時間が過ごせました。

文字でのコミュニケーションから、だんだん電話で毎晩話すような関係になり、ついに会ってみたいという衝動を抑えきれなくなりました。

そのことを彼に伝えると「僕もそう思っていた」という嬉しいお返事。

私達は既婚者同士なので、なるべくバレないように綿密な計画を練って会うことにしました。

場所は人の多い新宿を選びました。

マスクやサングラスで軽く変装し、平日の昼間に会うことに。

念には念を入れて、外で待ち合わせるのではなく、カラオケボックスにお互い時間差で入店して会うことにしました。

 

初デートでキス、そして2度目のデートの約束

そして、予定のカラオケボックスに入ると、そこには会いたくてしかたのなかった彼の姿が・・・。

初めて会うにもかかわらず、私達は一目見た瞬間に抱き合っていました。

もう会えたのが嬉しくて嬉しくて・・・(笑)。

そしてそのまま自然な流れでキス。

私の胸には忘れかけていたときめきがこみ上げてきました。

それからカラオケボックス内であるにもかかわらず、私達は1曲も歌わずにずっとおしゃべりをしていました。

家庭の話や子供の話、趣味の話・・・。

彼の話は何もかも新鮮で楽しく、私は日常の辛さをすっかり忘れていました。

そうこうしているうちに、あっという間に3時間が経過してしまいました。

そろそろ子供達が帰ってくる時間です。

非常に名残惜しかったのですが、その場で別れてまた1週間後に同じ場所で会おうと約束しました。

 

初めてのホテルで絶頂、そしてたっぷりの中出し

そして約束の1週間後。

私たちはすぐにカラオケボックスを後にしてホテルへ向かいました。

もう彼も私もお互いを求めたくてしょうがなかったのです。

裏通りの人目につかないラブホテルを選択し、カラオケボックスのときと同じように1人ずつ入室。

(中で待ち合わせできるラブホテルってけっこうあるんですよ。不倫する人への配慮でしょうかw)

そして部屋に入るとシャワーを浴びる間もなく、私は彼を求めました。

自分から彼の服を脱がせて積極的にフェラ。

「あ・・・まだ洗ってないのに」

と彼は驚いていましたが、かまわず私は続けました。

そして私の服も脱がせてもらうと、今度は彼が私の股間に舌を入れてきました。

実はもう、私のアソコはホテルに入る前からジンワリと濡れていたのです(笑)。

「もう入れたくてしょうがないって感じだな」

彼は言うと、私を後ろ向きにして壁に手をつかせ、ゴムもつけずに挿入してきました。

十分に濡れていたせいか私のアソコは彼の大きなものをスルリと奥まで受け入れました。

入れられた瞬間から、気持ちよすぎてもう頭が真っ白になりそうでした。

彼にズブリズブリと突かれて、もう私は絶叫です。

こんなに気持ちいいセックスはないってぐらいあえぎ声をあげました。

そして何回も突かれた後、彼は私の中にたっぷりと注ぎました。

お互いに興奮していたせいか、すぐにイッてしまったようです。

「なんか私、獣みたいになっちゃって恥ずかしい」

と彼に言うと、

「そしたら俺は野獣だなー、こんなにすぐ襲っちゃって。きみがあんまり魅力的だから」

と嬉しいことを言ってくれました。

それから20分ほどすると彼はすぐに復活。

そして私の体を何度も何度も求めてくれたのです。

私は女としての喜びに浸る最高の時間を過ごすことができました。

 

「体の相性」「性器の相性」は存在する!

こういう体の関係になると、男の人ってすぐに冷めてだんだん優しくなくなるというのが私の経験上分かっていました。

しかし、彼は全然違いました。

初めて体を求め合ってから、どんどん優しくなっていったのです。

私が夫や姑から酷いことを言われて落ち込んでいたときも、電話で何時間も慰めてくれました。

メールのやりとりはバレないようにサイトを通していましたが、そこでも本当に私を気遣って優しく接してくれる彼でした。

それに彼とは体の相性が最高だったのです。

男女には性器の形による相性があると聞いたことがありますが、彼とエッチするまでは全く意識したことはありませんでした。

しかし、彼とエッチしてみて分かりました。

エッチの相性は絶対にあると!!

彼のモノは本当に私のアソコとフィットするんです。

入れているとき、ピストン運動しているときの気持ちよさはもちろんですが、終わったときにも私のアソコは彼のモノをなかなか離さず、抜き取るときに“ズポッ”と音が出るぐらい相性が良いんです。

こんな気持ちいいセックスをもしかしたら一生経験しないまま死んでいたのかもしれないと思うとゾッとします。

 

ダブル不倫のその後

最初にサイトを使ったときは、ただの興味本位でこんなに素敵な男性に出会えるなんて夢にも思っていませんでした。

彼とはホテルやカラオケボックスなど、密室でしか会えていませんが、それでも月に1,2回会えるその日のために、私はめいいっぱいオシャレをして、ダイエットにも励むようになりました。

それがきっかけで、だんだん綺麗になり、そして明るくなった私を見て、旦那はなんだか焦ってきているようです(笑)。

いまさらですが私に優しくなってきました。

家事や育児を少し手伝ったり、私の容姿や料理をぎこちない言葉で褒めるようになってきたのです。

それは嬉しい誤算でしたが、もう遅すぎます。

私の心はすっかり彼に夢中だからです。

現に彼以外に抱かれたくなくて、夫からの夜の誘いは断り続けています。

 

最後に

今はまだ子供が小さいので我慢するしかありませんが、子供が独立したら夫とは離婚して彼と人生をやり直したいと思っています。

毎日つまらなかった私の人生が彼のおかげで輝きだしたのですから。

彼と出会わせてくれた「YYC」にはとても感謝しています。

 

関連記事

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

管理人プロフィール

出会いプロフ1 医療事務の25歳。出会い系で見つけた彼氏と付き合って3年目。出会い系サイトの体験談を中心に紹介しています。

管理人おすすめサイト

Top