出会い系サイトを使った女性の体験談の数々をまとめています。

menu

出会いGirl | 女性向けの出会い系サイト体験談ブログ

3Pがきっかけで「パトロン」ゲット!?フリーターがパトロンを作る方法

201507141
5秒で分かるSTORY
学生時代の親友がキャバクラで働き始める

お金を手にした親友から出会い系でのパトロン作りを提案される

1回3万円のパパを見つけるも上手くいかず…

パパから提案された3Pでついに太パパをゲット

23歳・フリーター・熊本

最近、親友が「キャバクラ」で働き始めました。

熊本の県立中学・高校とずっと一緒で、同じテニス部で汗水たらした仲間です。

高校卒業後、私はコンビニ・カラオケの掛け持ちバイトを開始。

一方、彼女は市街地にある有名なキャバクラ店で働き始めました。

それを聞いたときは「まぁ、◯◯なら可愛いし人気出るかもな~」くらいに感じていました。

実際、彼女は中高時代、彼氏が一度も途切れたことがないほど男子から人気があったので。

彼女がキャバクラで働くようになって半年後・・・。

これが自然の摂理なのか、彼女の「外見」と「お金遣い」は徐々に派手になっていきました。

「キャバクラってそんなに稼げるんだ?」

と聞くと、常連客の中に彼女に惚れこんで、何でも貢いでくれるおじさんがいるという話でした。

今回は、私が「パトロンをゲットするまでの体験談」をご紹介します。

 

パトロンは「出会い系サイト」で見つけられる?

彼女はその男性を「パパ」と呼んでいましたが、要はお金を援助してくれる「パトロン」的な存在のようです。

近いうちに、そのパトロン男性の契約している「愛人用」マンションに移り住む予定なのだそうです。

学生時代のように、一緒に遊ぶ頻度は減りましたが、出会うたびに上等なブランド物に身を包み、飲食、服飾、交際に派手にお金を使う友人を羨ましく感じるようになっていきました。。

時給900円で働く私は、彼女を妬み始めるようになっていきました。

私のそんな僻みが、自然と彼女に伝わったのかもしれません。

質素な生活を送る私を見兼ねた彼女は、

「キャバクラやクラブで働いてみたら?◯◯だったら上手くやれるよ?」

と、勧めてきました。

しかし、彼女ほどの美貌もなく、夜の世界で働いていく勇気もなかった私はすぐに断りを入れました。

すると、彼女は「キャバクラやクラブで働いている子の中に、出会い系サイトでパトロン見つけてる子もいるよ?」と、教えてくれました。

 

見つけたパパから3Pの提案

そんな彼女の勧めで出会い系サイトを開始!

1週間後に、会うたびに3万円をくれるプチパパと契約しました。

大体いつも、一緒にご飯を食べてからホテルに行ってエッチするという流れです。

そのパパとの交際を続けながらも、

「もっとお金をくれるパパがいないかな~」

と別のパパを探し続けました。

何人かの男性と会ってはみるものの、「毎月◯十万円」といった継続的にお金をくれる男性を見つけることができず、諦めかけていた頃、最初のパパからとある提案をされました。

「3Pしてみたいんだけど、どうかな?」

これまで3Pの経験のなかった私は驚いて、「女の子2人とするの?」と尋ねてみたところ、どうやらパパの友人を含めた3人でエッチしてみたいのだそうです。

一度に2人の男性を相手にしたことはありませんでしたが、その分大目にお金をくれるのならいいかなと考え、了承しました。

当日、現れたのはパパよりスリムで高級そうなスーツに身を包んだ男性。

一見、商社マンのような風貌です。

パパと十年来の友人らしく、飲みの席で「3Pして穴兄弟になろうや」という話題になり、その話が私のところへやったきたということだそうです。

自営業を営むパパに対し、外資系銀行に勤めるというその友人は、普段から「見られる」職業であるためか、パパよりずっとセンスの良い身なりで、若々しく感じられました。

当初7万円で一晩相手をするという話でしたが、その友人が「悪いから」といって、10万円を受け取ることができました。

初めての3P経験は、2人の男性を相手しなければならないので、本当に休む間がなく、翌朝ぐったりするほど体力を消耗しました。

結局、パパが3回、友人が2回の合計5回。

終わった後は、あそこがヒリヒリして、顎もガクガクしてました(笑)。

それでも、これで10万円もらえるのなら安いものかな~という感じでした。

 

パパの友人から秘密のお誘い

その後、パパの友人とも連絡先を交換したのですが、その友人から、

「あいつ(パパ)には秘密で会いたい」

と誘われたのです。

3Pのときから好印象を抱いていた私は、断るはずもなく、喜んで会いにいきました。

すると、いつものパパのように居酒屋ではなく、高級焼肉店の個室に案内され、思う存分焼き肉をご馳走されました。

「パパと比べてしまうのはダメだな」とは思いつつ、どうしても比べてしまいます(笑)。

その後、何も言われることなく当然のようにホテルへ向かいました。

エッチを終えた後、

「友人には内緒で、20で愛人にならない?」

と誘われたのです。

まさかの定期収入だったので、喜んでOKし、それ以降、パパよりその友人との関係の方が多くなりました。

今では、パパ、その友人、その他、都度出会っている男性から合わせて月30~40万円手に入れています。

最近では、キャバクラで働く友人を妬む気持ちも少なくなり、昔のように再び仲良く付き合うことができるようになりました。

 

パトロン作りのコツとは?

最後に、私なりの「パトロンやパパを作るコツ」を少しだけご紹介したいと思います。

2015033345低い金額を提示するパトロンと怪しい話は徹底的に無視する

2015033345サイトの写真は、デートや合コンに行く直前に撮る

2015033345エッチは、最初は奥ゆかしく、徐々に大胆に

以上になります。

私の体験談が、皆さんの参考になれば幸いです。

201504235「出会い系サイト」でパパを募集し200万円手にした私の「パパ活」体験記

201504235毎月20万円!?「月極パパ」を出会い系サイトでゲットした体験談

 

関連記事

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

管理人プロフィール

出会いプロフ1 医療事務の25歳。出会い系で見つけた彼氏と付き合って3年目。出会い系サイトの体験談を中心に紹介しています。

管理人おすすめサイト

Top