出会い系サイトを使った女性の体験談の数々をまとめています。

menu

出会いGirl | 女性向けの出会い系サイト体験談ブログ

出会い系の男性と渋谷の「ハプニングバー」になだれ込んだ体験談

渋谷ハプニングバー
5秒で分かるSTORY
出会いのない地味な生活に飽きてきた頃、ハプニングバーの存在を知る

女一人で足を運んでみたところ、いきなり男性とセックスすることに

ハプバーの常連メンバーから出会い系でセフレを探す方法を教えてもらう

出会い系で出会ったイケメン男性と飲んだ後、そのままハプバーへ…

28歳・OL・神奈川

こんにちは。

見た目は中の下くらい、体型は痩せ気味のペチャパイです(笑)。

職場の人間関係はあたりさわりのない程度に上手くこなしてはいますが、女性が多い職場なことに加え、数少ない男性陣が既婚者ばかりで出会いが皆無です。

仕事はカレンダー通りの平日出勤で、たいてい17時きっかりに上がれます。

友達の少ない私のアフターファイブといえば、最寄りのスーパーでお惣菜と缶チューハイを購入し、借りたDVDを独りで鑑賞することくらいでした。

今回は、ひょんなことからハプバーに通い始めた私が、出会い系サイトで出会った男性とハプバーに行ったことで思わぬ関係になった体験談をご紹介します。

 

六本木のクラブ通いをしていた過去

3年前は、こんな私も週末は六本木のクラブ通いをしていました。

音楽の鳴り響く中で酔っ払い、たまには見知らぬ外国人と一夜を共にすることも。

そんな派手な生活が大好きでした。

しかし、当時一緒に飲み歩いてハメを外していた友人たちの大半が結婚。

疎遠になってしまい、一人で出歩く度胸のない私は、毎日昔の日々を思い出しながら悶々と過ごしていました。

レンタルした映画のベッドシーンでムラムラしてしまうほどの末期状態でした(笑)。

 

グアムの社員旅行でハプバーの情報をゲット

去年の7月末、会社の社員旅行でグアムに行ったときのことです。

ハメを外して盛り上がった男性新入社員が、罰ゲームで「自分の最近起きた恥ずかしい話を告白しろ」と女性陣に命令されたときでした。

彼がそのときに話したこと、それがハプニングバーに行ったことでした。

酔いのまわったみんなはハプニングバーについて根掘り葉掘り尋ねていました。

私自身はというと、我関せずといった様子を装ってはいましたが、本心は誰よりも関心がありました(笑)。

帰国後、早速ハプニングバーについて調べてみると、女性一人でのハプバー経験談がいくつか見つかりました。

値段的にも女性単独で参加すると安いとのことだったので、口コミを熱心に調べ、早速その週末に繰り出してみました。

出不精だと思っていたのですが、このときは自分でも驚くほど行動的でした。

 

渋谷のハプバー初体験。初回からいきなりセックス

私が選んだのは、行き慣れている渋谷にあるハプバーです。

終電がなくなった時間から盛り上がるということだったので、その時間帯を狙っていざ入店してみるとそこは完全別世界。

私を知らない人たちばかりで、かなりリラックスして自分を解放できました。

ハプバーには様々なシステムがあり、カップルでの入店や行為をしているのを覗き見できたり、女性にOKを貰わないと男性は触れられないなどのルールがあるようです。

コスプレしている女性や、仮面を被った男性など異様な光景の中、ちょっとしたゲームが始まりました。

内容はちょっとエッチなくらいで、そんなにハードではなかったので、私もせっかくなので参加することにしました。

すると、1人の30代前半の男性が声をかけてきました。

ゲームをしているメンバーの中には、かなり激しいキスをしながらの参加や全裸の人たちも多くいて、彼とは「初めてなんですけど、すごいですね」といった話をしました。

彼は清潔感のある好印象な男性でした。

ゲームで私たちはペアになり、そのゲームのリクエストに応えました。

キスをしたり、胸を揉まれたりしましたが、嫌な気はしませんでした。

そして、その後、お互いに我慢できなくなり…とりあえず突破です(笑)。

 

出会い系サイトでセフレを探すハプバー常連者たち

その日から、ハプバー通いは私の趣味となりました。

むしろ受け身から攻めに転じる勢いでした(笑)。

そんなある日、常連メンバーたちの会話で「どの出会い系サイトが一番いいか?」という話題になりました。

私は出会い系サイトを一度も使ったことがなかったのですが、その場にいたメンバーは全員、利用経験があるようでした。

聞くと、出会い系サイトをセフレ探しにみんな使っているらしく、私も「一番出会いやすい」という「PCMAX」をお勧めされました。

それからというもの、私はハプバーに行かない休日はいつも出会い系でセフレ探しをするようになりました。

サイトのプロフィールには、「ハプバー通い」が趣味なことを包み隠さずアピールして(笑)。

すると、肉体関係を望んでいると見られる男性陣からのリクエストが殺到しました。

その中から5人出会いましたが、特に私の目を引いたのは、ハプバーに興味があるという30歳の外壁塗装屋さんでした。

 

ワイルドなイケメンと飲んだ後にハプバーへ

プロフの写真は私好みのワイルド系イケメン。

出会ってみると、彼は写真通りのイケメンで、彼女いない歴2年のお酒好きなワイルド男子でした。

渋谷でお酒を飲んで、気がつけば終電を逃し3軒目、センター街の奥の通りの立ち飲み屋で酩酊状態になっていました。

会話の内容も危なっかしくなり、お互いに太ももを触りあったり、ボディタッチが多くなってきました。

路地に出てからは、濃厚なキスを繰り返し、我慢できなくなってまさかの公衆トイレでエッチしてしまいました。

それから、彼のリクエストもあって、そのままハプバーへ。

いつもは一人で入店する私も、その日はカップル入店です。

他の男性との絡みを彼に見せつけ、それを見て彼も興奮し、1時間ほどのハプバーの後、私たちは結局ホテルへと移動。

お互いの体力が尽きるまでアツい夜を過ごしました。

 

最後に

それから彼とは連絡をとるようになり、結局付き合うことになりました。

まさかハプバー通いが趣味になったり、「PCMAX」で出会った男性と付き合うことになったりするとは思いもしませんでした(笑)。

今も彼とはカップルとしてハプバーに通い続けています。

彼も私も性的好奇心が旺盛なため、どんどん求める刺激が増していって、今は最高に幸せです。

 

関連記事

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

管理人プロフィール

出会いプロフ1 医療事務の25歳。出会い系で見つけた彼氏と付き合って3年目。出会い系サイトの体験談を中心に紹介しています。

管理人おすすめサイト

Top