出会い系サイトを使った女性の体験談の数々をまとめています。

menu

出会いGirl | 女性向けの出会い系サイト体験談ブログ

出会い系サイトで「玉の輿」が実現!年収1000万円の旦那との結婚体験談

玉の輿
5秒で分かるSTORY
ダメ男ばかり掴まえる「だめんずうぉ~か~」だった私

汚名返上のため始めた出会い系で「年収ナイショ」の男性と意気投合

出会った彼は、加瀬亮似のイケメンな上にIT企業の社長だった!

年収1,000万円の男性と出会う方法とは?

35歳・営業事務・名古屋

「セレブ妻」

あいかわらず注目を集めていますよね。

羨ましいなぁと思いつつも、「モデルやタレントだからよね」なんていじけてしまいがちですが、ごく普通の女性でもチャンスはあるんですよ。

だって私自身、年収1,000万円の素敵な彼と出会い、結婚しましたから。

今回は、私の「出会い系発!セレブ妻への道」体験談と、出会いのちょっとしたアドバイスをご紹介します。

 

リアル「だめんずうぉ~か~」だった私

35才、名古屋在住。

人材派遣会社で営業事務をしています。

おかげさまで仕事「だけ」は順調です。

仕事以外は全滅状態、特に最悪なのが恋愛関係。

歴代彼氏は芽のでないお笑い芸人、売れない舞台俳優、鳴かず飛ばずのバンドマン…。

はい、お察し通り将来性のない男性ばかりです(笑)。

そして、友人から付けられたあだ名は…、

「リアル・だめんずうぉ~か~」

そんな汚名、返上したい!

頼られるばかりじゃなく頼りたい!

そして、支えるだけじゃなく支え合いたい!

でも、いきなり結婚相談所というのは抵抗が…。

ということで、出会い系サイトに登録してみました。

怪しげではなく、安全そうな印象を受けた「ハッピーメール」というサイトです。

 

「自営業・年収ナイショ」の彼の正体は…?

ハッピーメールには、「ハッピー日記」というサービスがあります。

ブログをやってみたいと思っていたので、無料ならばと更新してみました。

すると、Tさんという39才の男性が、最初の記事にコメントをくれ、交流が始まりました。

市内在住で、職業は自営業。

年収はナイショになっていましたが、さほど気になりませんでした。

Tさんとは食やお店の好みや音楽、芸術の趣味が同じなこともあり、何気ないやりとりが楽しかったからです。

ブログを通じての交流が1ヶ月ほど続いた4月のはじめのことです。

「パルコのパンケーキ屋、行ってみたいけど男一人じゃ浮くよね?」

という彼のコメントで話が盛りあがりました。

「西館にできたエッグスンシングス?私も気になってたの!」

「そう、そこ!やっぱ気になるよね!」

そのすぐ後にメッセージで、「よかったら一緒にいかがですか?」と誘われました。

もちろん「ぜひ!」と即答。

その週は、彼が県外出張とのことだったので、翌週末の土曜、14時にパルコ前で待ち合わせをしました。

 

加瀬亮さん似の彼とパンケーキデート

矢場町の出口からパルコに向かっていると、同じくらいの距離でこちらに歩いてくる感じのよい男性が目に入りました。

(あの人がTさんだったらいいのになぁ…って、そんなことあるわけないか…)

私がパルコ前に立つと同時に、なんと!その男性も足を止めました。

プロフィール通り、中肉中背。

細かいチェックシャツはしわがなくパリッとしていて、細すぎないスリムなパンツが似合います。

加瀬亮さん似のおだやかイケメン、やわらかい笑顔が素敵。

お互いすぐ分かったので自己紹介はなし。

「こんにちは」が初めて交わした言葉でした。

ふわっふわでクリームたっぷりのパンケーキに、二人ともはしゃいでしまいました。

そして食べながらの、Tさんの遅ればせながらの自己紹介を聞いてびっくり!

自営業といっても家業を継いだ店主や2代目などではなく、通信サービスやWeb関連の事業を展開するベンチャー企業の社長だったのです。

こんなに素敵で社会的に成功もしているのに、彼女がいないなんて信じられませんでしたが、出会いはあるものの「よい」出会いがないのだとか。

付き合った途端、派手になったり、多忙のせいで浮気されてしまったりという経験から、女性不信気味という打ち明け話には胸が痛みました。

でも、決して別れた彼女を悪く言わず、むしろ自分を責めている姿に(あなたは悪くない、ぜったい悪くない)と、心の中でつぶやきました。

その後はお互い忙しく、なかなか予定が合わなかったため、もっぱらメールや電話で連絡を取り合う日が続きました。

「声を聞くとホッとする、安心する。いままで疲れ果ててるときは誰にも会いたくなかったんだけど、○ちゃんにだけは会いたくなるんだ」

私も同じ気持ちでした。

月に1、2回小さな時間を見つけては、お茶をしたり軽く食事をしました。

とはいえ、なかなかゆっくりはできないのですが(途中で電話がきて中断→仕事が入りデート中止ということも…)立場上当然なのは私も長年お客様ありきの仕事をしていて分かるので、「気にしないで」と、いつも笑顔を心がけました。

そんなお付き合いが、半年ほど続きました。

お付き合いといっても、友達以上恋人未満的な、なんとも微笑ましいものです。

その後、秋になって、紅葉ドライブデートに行きました。

運よく重要ではない電話が何件かかかってきただけで、1日一緒に過ごせました。

帰りに星ヶ丘テラスの「マ・メゾン」で夕食を食べた後、ベンチに座ってポツポツと話していたら急に黙りがちになったTさんが、

「結婚を前提に付き合ってください。時々さみしい思いをさせてしまうかもしれない。でも、後悔はさせないから!僕も後悔したくないし!一緒に幸せになろう!」

Tさんらしい、とても誠実な告白でした。

 

彼の性格、考え方、センス、全てが好き!

Tさんが住んでいるのは東区の閑静な住宅街にあるマンションです。

タワーマンションでもデザイナーズマンションでもなく、ごく普通の分譲マンション。

家具も内装も、ごくシンプル。

派手さはないものの、一つ一つ吟味され、丁寧に使われているのが分かります。

コンパクトなアイランドキッチンは一見殺風景ながら、クイジナート、ストウブ、柳宗理といったアイテムが並び、「毎日使うもの、長い付き合いになるものはちゃんとしたものを選びたいんだ」とTさん。

私もまったく同じなので、この人とは合うなと、ますますピンときました。

早い段階でお互いの家へ挨拶を済ませ、両家揃っての食事会も何度か行いました。

終始和やかな雰囲気で話題と笑いが尽きませんが、一つだけ「出会ったのはあるセミナー」と嘘をついています。

お互いの高齢の両親に余計な心配をかけたくないから…許されますよね?

その後、交際を経て、昨年のクリスマスイブに正式なプロポーズを受けました。

現在は6月の結婚式に向け、準備の真っ最中です。

といっても、私は仕事を続けますし、Tさんもますます忙しいので生活は変わりませんが、心から尊敬でき愛する人と人生を共にするという喜びでいっぱいです。

 

年収1,000万円の男性と出会う方法

私の場合は高収入の男性狙いではなく、出会って意気投合した人がたまたまそうだったわけなので参考になるかどうか分かりませんが、興味や好みが共通というのは大きいと思います。

忙しくなればなるほど、成功すればするほど、趣味が同じだったり気を許せる友達(男女問わず)ができにくくなるそうです。

もしお近づきになりたい男性がいたら、仕事、年収ではなく趣味をチェックして、「私もです!」と積極的に話題を振ったり、「興味があるのでよかったら教えてください!」とアプローチするのも手ではないでしょうか?

男性に甘えすぎず依存しすぎず、仕事や生活が充実していて生活的にも精神的に自立していることも大事だと思います。

あと、職業や年収欄の「ナイショ」は、けっこう穴場かもですよ?

 

最後に

私は世間でいう「セレブ妻」になるわけですが、二人とも派手なことが苦手で基本質素、倹約家なので正直ピンときません。

友人には「イケメン!セレブ!」と、とっても羨ましがられますけどね…。

素敵な彼と出会えたこと、共に人生を歩めることがなによりも嬉しいです。

みなさんも「ハッピーメール」で幸せ、つかんでくださいね。

 

関連記事

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

管理人プロフィール

出会いプロフ1 医療事務の25歳。出会い系で見つけた彼氏と付き合って3年目。出会い系サイトの体験談を中心に紹介しています。

管理人おすすめサイト

Top