出会い系サイトを使った女性の体験談の数々をまとめています。

menu

出会いGirl | 女性向けの出会い系サイト体験談ブログ

Tinder?Happn?Facebook?海外の出会い系サイト事情を教えます

海外出会い系
5秒で分かるSTORY
日本と海外は出会い系サイトのイメージがまったく違う

「デーティングサイトで新しい恋人できたの♡」は日常茶飯事

エリート専用「The League」、即効出会える「Dapper」…

オリジナリティ溢れる出会い系サイト・アプリが続々登場している

30歳・翻訳・ロンドン

日本では、まだまだ偏見が多い「出会い系サイト」。

「お見合いパーティー」「街コン」と並んで、「最後の出会いの手段」のようなイメージがありますよね。

また、せっかく出会い系を通じてお付き合いに発展しても、友達や家族に「どうやって知り合ったの?」と聞かれると、思わず口ごもってしまうことも…。

そのあたり、海外はどうなの?

私自身、現在、海外在住なので分かりますが、偏見はゼロです!

もちろん海外といってもさまざま、宗教によっては「そんなのけしからん」と極刑レベルになってしまう厳しい地域もありますが、欧米では完全に自由です。

そもそも出会い系サイトにあたる英語は「Dating Site」

日本語では出会いが目的のように聞こえますが、欧米では「デーティング=リアルなお付き合い」を目的にしているのが明確で、初回デートまでに何ヵ月もメールでやりとりするなんて遠回りなことはしません。

今回は、そんな「海外の出会い系サイト事情」について見ていこうと思います。

 

欧米は出会い系サイトも偏見なし!

「モテる人は出会い系を使わなくてもいいはず…」

そんな偏見が日本にははびこっています。

しかし、欧米では、どんなイケメンも美女も、学生もエグゼクティブも、出会いがなければ抵抗なく使います。

もちろん、出会い系を使っていることを、周囲に引け目なしに話しますし、ともすればシングルマザーのお母さんが「デーティングサイトで新しい恋人できたの」なんて言い出すことも普通にあります。

もちろん、多くの人が登録しているのでハズレをひく可能性もありますが、選択肢ははるかに多いと思って間違いありません。

 

サイトの登録認証は少し厳しめ?

海外の出会い系のほとんどは、Facebookアカウントやgoogleアカウント、もしくは電話番号(SMS)と連携しています。

「こっそり恋人探ししたい」という日本人から見るとなんだか面倒ですが、セキュリティ面については徹底されているので安心です。

また、各種SNSと連携したからといって「出会い系を始めました!」とタイムラインに表示されることもありません。

中には、結婚相談所のように、収入証明書やIDコピーを提出しなければならない厳しいサイトも存在します。

 

海外で人気の出会い系サイト・アプリ

プロフィールを公開して、メッセージをやり取りしてデートに持ち込む。

そんな定番の出会い系サイトもたくさんありますが、ここ数年、スマホのおかげでアプリが主流に変わり、その種類も多様化しています。

海外でも、出会い系によるトラブルが後を絶たないせいか、安全性を重視したものが中心です。

最後に、欧米を中心に海外で人気のある出会い系サイトをご紹介します。

 

エリートしか登録できない「The League」

このアプリは、FacebookやLinkedin(ビジネス系SNS)と連携し、一定の学歴や年収がないと登録できません。

エリート限定といわれているだけあって、忙しいあなたに代わって、同じクラスの異性を分析・推薦してくれる、まさに結婚相談所のようなアプリです。

 

女性が安心して出会える「The Catch」

女性が男性に質問を投げかけ、女性側が「承認」しなければチャットが開始しない、女性主流の「The Catch」なんてものもあります。

その他、完全招待制の「The Dating Lounge」や、女性に紹介してもらえないと男性が登録できない「Wyldfire」。

これらのアプリは、「女性でも安心して使えるように」「そして、たくさんの女性が登録しているサービスは男性にとっても良いサービス」という発想に基づいているので、男女両方にとってプラスになり、アプリを盛り上げています。

 

効率性重視で素早く出会える「Dapper」

従来の出会い系の枠を超えた、ユニークなサービスも続々と登場しています。

チャットなんてすっ飛ばして、さっさとデートしようよ!という怠け者なんだか前向きなんだかわからないのが「Dapper」です。

こちらはマッチングさえすれば、すぐに提携されたレストランやバーでデートができるシステムになっています。

長ったらしい駆け引きは苦手という方にはぴったりですね。

 

デート内容から異性を探す「How about we」

同じような仕組みで「How about we」というアプリもあります。

これはデート内容を自分から提案し、それに賛同してくれる相手が見つかると、マッチング成立となります。

デート前提でこれも手っ取り早く、相手の提案によって力量も最初から分かるので「女性慣れしてない男性はちょっと…」なんて女性には良いかもしれません。

また、自分の近所や行動範囲の異性も検索できるので、うっかり遠くの人と知り合っちゃって遠距離恋愛に…という心配もなく非常に合理的です。

 

100%地域特化型な「SingleAroundMe」

GPSを用いたサービスも目立ちます。

「SingleAroundMe」は、今リアルタイムであなたの回りにいる独身が地図上に表示されるアプリです。

100%地域特化型と謳っているだけあって、なかなか会えない人とのチャットに時間を費やす心配もないので安心です。

また遠出したときには自分の居場所設定を変えられるので、たとえば、海外旅行の最中に誰かと出会いたいなんてときにも一役買います。

 

偶然の出会いから恋愛に発展「Happn」

「通勤中や街中ですれ違った素敵なあの人は誰だろう」

偶然の出会いに使える便利アプリが「Happn」です。

これは、日本語にも対応しています。

このアプリの憎いところは、気になった人に「いいね」を送っても相手には見えず、相手もあなたに対して「いいね」と思った場合にだけ、マッチングが成立するというところです。

とはいえ、共通の趣味があれば表示されたり、何回すれ違ったのか、どこで何分前にすれ違ったのかなども確認できるので、家の中で引きこもってチャットばかりしているより、ずっと健康的な出会いかもしれません。

直接顔を見てからのアプリ使用なので、インターネット上で始まる恋に抵抗ある人にもおすすめできますし、出会ってみるとプロフィール写真と違ったなんてことも起こらないので安心です。

 

合コン専門アプリ「Grouper」

外に出て行くという発想つながりで、「Grouper」というアプリもあります。

これは1対1ではなく3対3で異性と会う、合コンマッチングサイトです。

友達も一緒なのでいきなり2人っきりになるよりは安心です。

デートというよりも軽いノリで出かけて行けますね。

 

最後に

以上、欧米での出会い系サイト事情についてまとめてみました。

紹介しきれませんでしたが、人気アプリはその他、ゲイ専用の「Grinder」や、スワイプ操作で気軽に恋人探しができる「Tinder」、自分に似た顔の人を見つける「FindYourFaceMate」なんてアプリもあります。

次回は、海外の恋愛事情、出会い系サイトで出会った後の話についてご紹介したいと思います。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

出会いgirl2

関連記事

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

管理人プロフィール

出会いプロフ1 医療事務の25歳。出会い系で見つけた彼氏と付き合って3年目。出会い系サイトの体験談を中心に紹介しています。

管理人おすすめサイト

Top